海水浴PART52017/08/22 23:39

オーシャンビュー!
いつもアル君のブログを読んで頂きありがとうございます。
部屋からの眺めもご紹介しましょう。この景色に波の音が漏れなく付いて来ます。東京とは約1時間の時差がありますので午後7:30でこの景色です。色んな鳥が来るのでアル君はテラスから不思議そうに眺めていました。明日はいよいよ東シナ海で初めての海水浴に挑戦です。つづく

海水浴PART42017/08/22 23:24

落ち着くね!
いつもアル君のブログを読んで頂きありがとうございます。
部屋に戻ればこの表情。もう2回目の宿泊ですからリラックスしてます。室内は完全フリーでホテル内はリードを付ければどこでも行けます。こんな宿泊施設は中々ありません。首輪に付けた予防接種済みのリボンと鑑札をスタッフさんに褒められました。工夫されてるし可愛いって!つづく

海水浴PART32017/08/21 23:23

怒ってる?
いつもアル君のブログを読んで頂きありがとうございます。
プール練習が終了して、乾燥も兼ねてドッグランに解放されたアル君です。なんか怒っているような表情ですが、大小プリプリして、すっきり!嫌な事は直ぐに忘れて切り替えの早いアル君です。その性格は羨ましい。アル君が、服を着ていない写真は初公開になります。子供の時に一回だけありますけどね。大人になってからは初めてですね。結構ワイルドな印象でしょ!島民の皆さんには「あらー!可愛いーねー」と沖縄風の表現で人気沸騰でした。

海水浴PART22017/08/21 23:08

プールなんて大嫌い!
いつもアル君のブログを読んで頂きありがとうございます。
プールから逃走するアル君です。「なんで水に漬けるんだよ!溺れるかと思った!」「モー嫌!ぼくは帰る!」などと訴えていたようです。
ライフジャケットが中型犬用で大き過ぎたようなので、ワンサイズ小さい物に変えて更に挑戦!呼吸法をマスターしたようで、口を閉じて横から空気を出し、鼻から吸っているようでした。トラウマにならないようにこの辺で本日は終了。明日はサンセットビーチにデビューです。

海水浴PART12017/08/20 23:10

アル君溺れる!
いつもアル君のブログを読んで頂きありがとうございます。
夏休みなので海水浴に行ってきました。アル君は水に入った事が無いので、まずはホテルのプールでトレーニングです。ホテルバリリゾートin石垣島はドッグ用の施設が充実しており、プール、バス、ドッグラン、露天風呂まで全て犬用が完備された素晴らしいホテルです。犬用のライフジャケットもあるので借用してトレーニング開始!早速溺れるようにジタバタ!でも直ぐにDNAメモリーから犬かきをダウンロード!アッと言う間に岸に上がる術を見せてくれました。4~5回プールに浮かべましたが、直ぐに岸に向かってスイスイ!
本人様は水没の危機から脱出するために必死の水泳で、少しスパルタ式ですが、良い感触が得られました。
つづく

自由研究その32017/08/09 21:37

僕が原因です。
それにしても今日は猛暑!暑い一日でした。では続きを

第3問
アルパパさんはどうしてボランティアを始めたのですか?

まず、ボランティアとは自分から進んで社会活動などに無償で参加する人の事です。大切なのは「自分から進んで~する。」と言うのがボランティアの語源「volo」だという事です。だから好きでやっているんです。奉仕活動や善意ではなく「趣味」なんです。

我が家ではラブラドールを飼っていました。ペットショップで売れ残り、仔犬とは言えない大きさでした。2万円くらい支払ってラブさんを引き取りました。9年暮らしましたが乳がんで死んでしまいました。それから1年半。犬との暮らしが忘れられなくて、新しい子を迎えようと家族で相談しました。でも、ペットショップで犬を買うことはどうしても嫌だったんです。だからインターネットで里親募集の仔犬の写真をたくさん見て、アル君を見つけたんです。まだ、2.5ヶ月の仔犬でした。ボランティア団体も群馬わんにゃんネットワークと言う離れた場所にある団体でした。里親希望のメールを出したら、家の環境や家族構成、家族全員が留守にする時間などたくさんの質問が来ました。一つ一つの質問に一生懸命答えを書いて、何度もやり取りしました。そしてトライアルが決定し、アル君を群馬県まで迎えに行きました。飼い主の居ない保護犬を生涯、一緒に暮らす里親になったことが動物保護ボランティアの始まりです。そして友人の勧めもあり、動物愛護の事をもっと知りたくて愛玩動物飼養管理士の認定資格を取得しました。今はもっと知りたくて動物行動学の勉強をしています。里親さんも立派なボランティアですよ。

「ねぜ仕事をするのですか?」と言う質問をされたら「たくさんの人が喜ぶから」と答えます。一所懸命に仕事をするとお客さんも会社の人も喜んでくれます。だから給料を喜んで払ってくれます。だからママも喜んでくれます。ママは会社には勤めていませんが一所懸命に家事をします。パパもお姉ちゃん達も喜んでくれます。だからママはちゃんと仕事をしているんですね。パパが貰ってくる給料の半分はママが仕事をしたからです。
だから「なぜボランティアをするのですか?」と言う質問の答えも同じです。たくさんの人や動物たちが幸せに暮らして喜んでくれるからです。動物行動学を調べていると相手が喜ぶと自分も嬉しくなるそうです。それは人間でも同じ。だから善意でも奉仕でもなく好きだからボランティア活動をしているだけなんです。
ちょっと難しい事も書いちゃったから参考になるでしょうか。
以上自由研究でした。

自由研究 その22017/08/09 20:51

保護した頃のタロ君です。
第2問
タロを保護した時の事を教えてください。

アルパパが仕事をしている会社のそばに一戸建の家がありました。駐車スペースに犬小屋があり、そこに繋がれていたのがタロ君です。夏の暑い日も冬の寒い日もタロ君はずっと繋がれていました。お散歩は夕方の一回だけで、15分で帰ってきました。お散歩と言うよりもトイレに一周しているだけでした。毎朝、タロ君の小屋の前でしゃがんで「暑いねー。大丈夫かー!」と話しかけていました。やがてタロ君も尻尾を振って歓迎してくれるようになりました。時にはおもちゃをくわえて「遊ぼう!」と誘ってくるようになりました。何度か飼い主さんともお話をして、食事の事、お散歩の事、グルーミングの事など伝えて来たのですが、改善する事はありませんでした。ある日、飼い主さんが「誰かタロ君を貰ってくれる人はいないかしら?」という相談を受けました。理由はマンションに引っ越しするので犬が飼えなくなったからだそうです。「市の動物愛護センターに相談窓口がありますよ。」と伝えたのですが、2週間経っても何もしませんでした。最悪の場合タロ君が山に捨てられてしまう可能性もあるので、私が保護する事を申し出て、タロ君を引き取りました。
大切なことは飼い主さんにもタロ君にも罪はないという事です。飼い主さんは犬は外で飼うものだと思っています。だからマンションには犬小屋を置く所が無いので飼えなくなったと思ったのです。日本でも、ほんの数十年前までは犬は外で飼うのが常識だったのです。今の考え方と違うからと言って、古い考え方を持つ人を攻めてはいけないのです。動物愛護とは人と動物の共生を通して、人と人、動物と動物、人々と動物達が一つの社会で仲良く暮らすための考えだからです。

自由研究2017/08/09 19:20

野良猫から地域猫へ!
いつもアル君のブログを読んで頂きありがとうござい。
今日はタロ君一家のお姉ちゃんから質問を頂きましたので書いて行きたいと思います。自由研究のテーマが動物保護ボランティアだそうで、調べる事が研究ですから「現在、過去、未来」をしっかり調査してまとめてください。現在は動物愛護センターや動物愛護団体などの活動や関わる動物の数や種類なんかもまとめて表や円グラフにすると良いですね。過去はペットになった犬や猫の歴史、動物虐待と動物愛護の歴史を調べると良いと思います。そして未来は人とペットや家畜たちの将来の姿を想像して見ましょう。タロねーちゃんが望む、人とペットの暮らし方を考えてみましょう。アドバイスはこの辺で終わりにして

第一問
アルパパさんのボランティアはどんなことをしているのですか?

公益社団法人日本愛玩動物協会の会員に所属し、愛玩動物飼養管理士2級の認定資格を取得して、愛玩動物の適正な飼養について知識の普及に努めています。簡単に言うとペットの飼い主がやらなければならないことを勉強し、覚えた事を他の飼い主さんにも伝えています。次に飼い主さんの居なくなってしまった動物を保護して、動物病院で身体検査をしてもらい、病気やケガを治療してもらってから、死ぬまで一緒に暮らしてくれる新しい飼い主さんを探して、里親さんになってもらいます。そして里親さんと保護された動物が幸せに暮らし、動物の寿命が来て死ぬまで困った事や正しい飼い方など知っている事を伝えてサポートします。猫の場合は仔猫は保護して里親探し、親猫は避妊処置をして元の場所に戻し、地域猫になってもらいます。猫は縄張りを作る動物なので、避妊した猫を戻すと他の猫を追い払ってくれます。こうして野良猫が増えすぎる事を防いでいます。避妊手術にはお金がかかりますが、役所から助成金が出たり、安い値段で手術をして下さる動物病院もあります。そういう事を調べて一頭でも多くの不幸な境遇に居る動物たちの命を守る活動もしています。

レスリングはグレコローマンスタイル?2017/07/30 14:10

フリースタイル?グレコローマンスタイル?
いつもアル君のブログを読んで頂きありがとうございます。
昨日は夕方のお散歩がゲリラ雷雨でできませんでした。そこで先週、撮影したアル君とレオン君のレスリングをご紹介します。アル君は後ろに回って抱え込んでポイントを取っているようですが、人間から見ると交尾をしているようにしか見えません。レフリーとしては見過ごしできないので注意を与えます。レオン君は口を大きく開けて歯が当たるようにて足を狙うのでフリースタイル。アル君は口を開けずに顔を押し付けるようにしますのでグレコローマンスタイル?どうも二人のルールがかみ合っていないようですが、当人たちは楽しそうにじゃれ合っているので「まーいっか!」アル君は遊び相手によって遊び方が変わります。イリスちゃんや次郎君の時は、走り回って遊びますが、レオン君とはレスリング。面白いですね!今日は雷雨も無さそうなので、河川敷でお友達と遊べるかな?
いつも元気なアル君でした。

シャンプーは嫌い!2017/07/23 10:16

お前の顔、ちぃーせーなー
いつもアル君のブログを読んで頂きありがとうございます。
久しぶりにタロママさんからメールを頂きました。もう何の問題も無いので、タロ君の事はあまり話題にならない程です。小学生のお姉ちゃんが”保護犬”をテーマに、夏休みの自由研究をするそうです。保護犬の里親になるというご両親が縦糸。保護犬と暮らし保護犬について考える子供達が横糸。動物愛護はこうして広まって行くんですね。ホッコリ!
次の話題はアル君です。先日、ワン友さんから「アル君の入浴シーンが見たい!」というリクエストを頂きましたので特集号です。アル君のシャンプーをする時はママが準備をする段階で察知!一目散にパパの部屋に隠れます。お風呂場に入って43度の温水シャワーを浴びると静かになり、ウットリ!シャンプーを始めると「ヤメテー」と騒ぎ、濯ぎのシャワーをかけるとまたウットリ!体を拭いてドライヤーを充てるとまたウットリ。全てが終了して解放されると興奮して、部屋中を走り回って終了。というのがいつものパターンです。
「全く、いつもいつも、何でこんな事するんだよ!」と言いたげな写真です。
アル君、人間と暮らすんだから清潔も大事なんだよ。と言っても外出の時靴を履かない彼らには理解不能なのかもしれません。アル君、今年の夏は水泳に挑戦だ!見事な”犬かき”を見せてくれ!以上アル君の入浴特集でした。