アルとタロ2016/10/09 10:34

タロ君のトライアルが決定しました。エントリー頂いたのは40代のご夫婦と小学校と幼稚園に通う姉妹の家族で犬の飼養経験が有り、素敵なご一家です。
タロ君を保護して3ヶ月、アル君が上位者として行動しても、タロ君はアル君の口を舐めたり、お腹を見せるといった服従行動を見せない為、正常な群れとしての秩序は生まれませんでした。ペットショップで販売するために早い段階で兄弟と引き離され、単体飼養で展示された結果だと思います。しかし、屋外に出れば臆病者のアル君、タロ君と二人でビビりながらも、仲良く歩いていました。河川敷では「遊ぼう!」と誘ったり、一緒に走り回ったり。今では尻尾もクルッと上がっています。5年前、アル君を引き取りに保護主さんのお宅に行った時、里親になりたい動機について質問されました。私は「沢山の不幸な犬を保護する事は立派なボランティアですが、その子たちの里親になり、終生飼養する事も同じくらい大切なボランティアだと考えています。」と答えました。その気持ちに今も変わりはありません。今回、タロ君を保護し、保護主として活動することで、妻と二人で沢山の事を学ばせて頂きました。里親会に参加させて頂いたPawPads様には心から感謝します。明日は、トライアル引き渡しです。問題がなければ2週間後には正式譲渡となります。寂しくないと言えば噓になります。でも、妻と二人で二匹を連れて散歩した3ヶ月は本当に楽しかった。タロ君、幸せな時間をありがとう。そしてこれからはもっと幸せになって下さい。君には幸せに生きる権利があります。

遅い夏休み2016/10/23 09:34

誰か拾ってくださーい!
タロ君も無事トライアルになったので、やっと夏休みが取れました。夏を求めて石垣島へ行ってきました。最低気温27℃、最高気温は31℃、島は真夏でした。ペットと一緒に宿泊できるホテル、バリリゾートin石垣島はホテル内すべて同伴OK。芝生のドッグランも綺麗で最高でした。朝食や夕食も同伴なのでお留守番なしです。平日だったので他のお友達とは会えませんでしたが、お天気も良く、夏を満喫できました。
残念ながら市内のカフェなどはデッキのみ同伴可がほとんどで、暑くて無理!昼食は車中で摂ることが多かったですが、景色の良い所に移動して、食べればOKです。アル君は匂いだけでしたが、石垣牛は絶品でした。ロビーに電子レンジまで用意されているので、食材を持ち帰って、客室内で食べることもできます。ホテルの心使いが嬉しいです。写真は島北端の平久保崎灯台、背景の海は東シナ海です。アル君は飛行機も初体験でしたが、意外にも全然問題なし。食欲すら衰えませんでした。
犬の幸せを考えた時、旅行は留守番が良いのか、同伴が良いのか?でも犬は、飼い主といつも一緒にいるのが一番幸せと思い、ホテルを選び、飛行機で初フライトとなりました。空港のグランドスタッフは大変丁寧にペットを扱ってくれて、何の心配も要りませんでした。結果から言えばアル君も妻や娘たちも、とても楽しそうでした。サンゴ礁なので波も穏やか、初めて海水に触れたアル君は猫のように前足を上げて、「濡れちゃったー!」ってお前は猫か!!
ホテルのスタッフの皆さん、とても楽しいバケーションになりました。
ありがとうございました。

タロ君の未来2016/10/26 22:56

タロ君の正式譲渡が決定しました。良きファミリーとご縁が結ばれ家族の一員として終生、共に生活することになりました。よかったねタロ君!里親になって下さったご家族の皆さん、これで一頭の不幸な犬が幸せな生涯を送ることができます。これは立派な動物保護ボランティアです。どうかタロ君との生活を楽しみながら、わんダフルライフを満喫してください。私は今回、お座りとお手以外、何も教えていません。それは新しい家族が教えてあげる事だと思ったからです。屋外飼養されていたタロ君を室内飼養に順応させる事に重点を置きました。ですからボール遊びの楽しさや、ドッグランで走り回る喜びを教えてあげてください。新たな喜びが物言わぬ彼との信頼と絆をより強固にします。
彼らは生きる事に純粋で表情豊かに喜びを表現します。そんな彼らから学ぶことはとても多いと思います。私もタロ君から沢山の事を学ばせてもらいました。
タロ君、ありがとう。
最後になりましたがタロ君の里親募集に多大なるご支援を頂いたパウパッズの皆様に心から感謝いたします。そしてタロ君の事を思って下さった犬友の皆さん、本当にありがとうございました。でも、終わりではありません。タロ君が一生を終えるまでバックアップします。

遅い夏休みPart22016/10/29 19:49

ホテルのドッグランを走り回っているアル君です。河川敷は雑草ばかりですが、こちらは本物のケンタッキーグリーングラス?(西洋芝の一種)アジリティーも用意されていたのですが、勿論興味はありません。紅型のシャツも石垣島では目立たない。どうやらショップで販売されていると誤解せれているようです。ママのオリジナルなのにー(涙)。
羽田から那覇経由の飛行機だったんですが、ご存知の通り那覇空港は自衛隊と併用空港です。そんな訳で那覇を出発する時にF15戦闘機が4機並んで目の前をテイクオフして行きました。凄まじい爆音です。滑走路の手前10mに待機している飛行機の機内ですから。更に待たされて4機、合計8機のF15戦闘機が離陸して行きました。目の前でジェット戦闘機のテイクオフを8機も見る事ができて、パパはラッキーでしたが、貨物室に閉じ込められたアル君はひたすら震えていたことでしょう。
夜は車で10分走りサトウキビ畑の真ん中でライトを消すと・・・、数えきれない程の満天の星空でした。思わずメガネを落としてレンズ破損という、災害に見舞われたパパでした。
早起きのパパは、テラスからアル君と二人で夜明けのサンゴ礁を眺めるという至福の時間を過ごしました。朝焼けで雲が赤く染まると、海の色も赤くなるんですね。赤く染まったサンゴ礁は発見でした。