大人になった次郎2018/03/06 23:36

俺はやるぞ!
いつもアル君のブログを読んで頂きありがとうございます。突然、春がやってまいりました。ポカポカ陽気で河川敷に居ても苦痛を感じません。一月ほど叔父さんの家に合宿に行っていた次郎君が帰って来ました。なんだかすっかり大人になって。ワン友さんに背中を向けて座り、「撫でて!」とアピール。他人に背中を向けて座るという行動は、警戒が無い上に信頼して背中を任せる行為で、飼い主以外でもこの行動がとれるのは立派です。パパさんに対する気遣いも感じられてほほえましい限りな次郎君。大人になったんだね。心も体も一回り大きくなった次郎君です。ちょっと風格が出たんじゃない。きっと自分が成すべき仕事を見つけたんだね。そんな眼差しの次郎君でした。

開花の便りとマメ蔵君2018/03/18 18:08

お手です!
いつもアル君のブログを読んで頂きありがとうございます。
昨日、桜の開花が東京でも発表され、いよいよ春の到来です。先日、車のフロントガラスを拭こう思いワイパーを持ち上げると、黄色い粉が堆積しているではありませんか。正体は花粉でした。花粉症ではないパパも時々、クシャミが出る程多いようです。花粉症の皆様、お気の毒です。河川敷の桜も開花したかな?アル君と探しに行ったらプチ蔵君を見つけました。そしてもう一頭。早速ママさんに声をかけ、マメ蔵君にご挨拶。以前は人にも犬にも興味を示さず、敬遠する感じでしたがチャンとご挨拶のクンクン!ちゃんとオヤツも貰えて落ち着いています。パパのマッサージを気に入ってくれたようで、プチ蔵君と左右の手を独占!「怖かっただけなんだよね!」人と犬とは昔から仲良く暮らしていたんだよ。だからもう大丈夫。ゆっくりで良いからみんなと仲良くなろうね。マメ蔵君がみんなと仲良くするとママの笑顔が増えるよね。マメ蔵君はママの笑顔が大好きだよね。

ここで多摩川河川敷にお散歩に来られる飼い主さんにお願いがあります。マメ蔵君は昔、心に深い傷を負ってしまい、人間を信じる事が出来なくなってしまいました。特別なスクールで数か月かけて、やっとを心を開いたワンちゃんです。どうか不用意に犬を近づけたり、いきなり撫でたりしないでください。マメ蔵君を驚かさないでください。せっかく心を開いたマメ蔵君やママさんに再び辛い思いをさせないようにご協力をお願いします。近づく前に一言「挨拶しても良いですか?」と話しかけてください。都会で犬と暮らす飼い主さんが身に付けなければいけないマナーです。犬より先に飼い主さんがコミュニケーションする事が大切です。犬のリーダーは飼い主さんなのですから。

今年の春は桜と一緒にマメ蔵君に再開する事が出来て、いつもの春より暖かいと感じました。マメ蔵君を見習ってパパも新しい一歩を踏み出す事にします。動物や飼い主さんが辛い状況になる事を一つでも減らすように。一頭でも多くの動物達が飼い主さんと幸せに暮らせるように。

花見です。2018/03/26 23:37

春の匂いがするよ!
いつもアル君のブログを読んで頂きありがとうございます。今年も桜の季節がやってまいりました。早いものでもう七回目です。「桜っていい匂いだよねー。」と申しております。今年は21世紀桜に花見に参りました。人が多いので本人には余裕はありませんが、ビクビクしながら桜の香りを楽しんでおります。きっと・・・。人間は満開の桜を視覚で楽しみますが、イヌ科のアル君は匂いで楽しんでいるようです。それにしても人が多くて、誰の顔も認識できない写真を見つける方が大変でした。プライバシーがありますので、無暗に掲載できないんですねー。この写真でイモトを探しても居ませんから!
話は変わりますが、「命は大切にしなければならないのに命を奪って食べるのは良いの?」という子供や孫の問いにどう答ますか?という疑問をしばらく考えていました。
そして、「命は一つの輪の中にある!」という答えを見つけました。植物を食べる草食類や昆虫。それを食べる肉食獣。昆虫で言えばカマキリやクモ、スズメバチなど。肉食獣が死んで死骸になるとそれを食べる昆虫や微生物。そして微生物の死骸からリンや窒素など栄養素を吸収して育つ植物。地球という環境の中で我々はリサイクルしながら生まれ、生き、育て、死んで行く。水が海から蒸発して、陸上で雨となり、川を下って海に至る。全て循環という環の中に有ると言う発想です。誰か偉い哲学者が出した答えではありません。命を奪わなければ生きて行けない環の中に存在するのが地球上の生物だと思った訳です。これを小さい子供にどう話すか?アル君に答えを聞いてみたいものです。だってアル君にエゾシカ肉のジャーキーをあげる時、「エゾシカが気の毒だねー。アル君に食べられちゃうなんて。」とママと会話しているから。